英語メディア Tokyo Weekender の目線から

英語プレスリリースをイチから作成

脱日本語直訳!海外メディアに掲載されやすい英語プレスリリースを執筆!

Tokyo Weekender

  • 日本語のプレスリリースを直訳している
  • なるべく速く安く翻訳してくれる翻訳会社に頼んでいる
  • 毎回とりあえず英訳して配信しているが、掲載されたためしがない
  • 1本のリリースがA4用紙で5枚以上ある

プレスリリース英訳でやりがちな間違い

Case1

タイトル&本文が長すぎる

日本語のリリースにはタイトルの次にサブタイトル、そしてサブサブタイトルがあったりなど、タイトルが多すぎることがあります。また、英語のプレスリリースは基本的にA4一枚なので、本文が長すぎると目を通してもらえません。

Case2
... what is that supposed to mean?!

表現が不自然

日本語のプレスリリースは飾り言葉に掛詞、一つのことを形容するのに非常に長い一文を使うことがあります。それを英訳しても、同じ意味としては伝わらず、時には全く理解されなかったり、意味を誤解されてしまうこともあります。

Case3

写真が多すぎる

複数の商品をリリースする時や、イベントリリースの時などは、写真を複数枚付けがちですが、受け取った側としては「これは商品カタログか?」と思ってしまうのです。英語のプレスリリースは簡潔にA4一枚に情報をまとめ、写真を付けても2~3枚が一般的です。

そのプレスリリース、読まずに捨てられているかも…そのプレスリリース、読まずに捨てられているかも…

英字誌 Tokyo Weekender の編集部が英語メディアの目線から「刺さるプレスリリース」を執筆英字誌 Tokyo Weekender の編集部が英語メディアの目線から「刺さるプレスリリース」を執筆

毎日何十通も英語のプレスリリースを受け取っている英語メディアとして

読みやすく記事にしたくなるプレスリリースをイチから作成します。

商品/サービスの特徴をヒアリングし、海外メディアにとって魅力的と思われるポイントをご提案

直訳ではなく英語プレスリリースのフォーマットに沿った、海外メディアに分かりやすいスタイルを採用

英語ネイティブにとって読みやすくニュースにしやすい表現を使用

貴社の商品/サービスの概要、伝えたい魅力等についてヒアリングシートにご記入いただきます。
もしくは編集部が直接お伺いして商品に関するオリエンテーションを受けさせていただきます。

価格:15万円(税別)

Tokyo Weekenderの編集スタッフが
過去のプレスリリースに目を通し、
改善ポイントをご提案させていただきます。

月限定5件まで

お急ぎの場合はお電話で

「英語プレスリリース作成について」とお問い合わせください。

03-6721-0957

受付時間:10:00-19:00

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

Tokyo Weekenderについて

Tokyo Weekender
Tokyo Weekender

Tokyo Weekenderは1970年に創刊され、47年目を迎える日本で一番歴史ある外人向けの老舗英文マガジンです。

日本に住む外国人および日本を訪れる外国人に向けて、東京を楽しむために欠かせない情報を発信しています。また、単なる観光情報誌では終わらない一歩踏み込んだ社会問題や、外国人ならではの「日本ライフあるある」情報が、外国人コミュニティから長年の支持を受けています。